ZUKKAの独り言(1)
こんばんは。明日は仕事が休みなのに家でまったり・・・ZUKKAです。

今回は、数年前に1年間だけ住んでたカナダでのお話。




俺ね、ちょこっと前にワーホリでカナダのトロントって街に住んでました。

目的は・・・語学勉強ってことにしておこう。。。


英語なんかまったくわからず、宿も決めず、ただウキウキしながら異国の地に・・・。
(当時の彼女と会えなくなるのは寂しかったですが・・・。)

初夜はたまたま見つけた24時間のファミレス。今思えばあのファミレスを見つけられただけも奇跡だったのかもしれません。(都会といえど、24時間営業の店はなかなかないんです。)

2日目はとりあえず日本語の通じる宿探し・・・ってな感じで、行き当たりばったりなことを繰り返しているうちに、徐々にそこでの生活にも慣れ、学校へ通ったり、仕事をしたりと人並みの生活をし、1年なんて期間はあっという間に終わってしまいました。



この1年は毎日が出会いや発見の連続で語りつくせないぐらいの出来事や、思い出が詰まっていて、今でも時々いろんなことを思い出します。


学校の話、仕事の話、友達や旅行、観光、絵画、建造物・・・ハロウィン、ゲイパレ、クリスマスの話・・・このblogにちなんで音楽の話にしても、GURUのライブやら、Jazz bar、Jazzフェス等、一度に話をしだすときりがないのでこれから少しずつ小出しにしていきます。




で、今回はちょっとした考えの違いについて・・・


もし、皆さんが『英語しゃべれる?』って聞かれたらなんて答えますか?

俺は、『喋れない』でした。
最近になって、『日常会話程度は・・・。』みたいな感じです。

これは、俺の勝手な偏見かもしれませんが、ほとんどの人が俺と同じで『No』じゃないかな!?

じゃあ、逆に外国人に『日本語しゃべれる?』って聞くと、答えは『Yes』とか、『a little』が多い気がします。
(これも、俺がたまたま出会った奴らにがぎったことかもしれませんが・・・。)

実際に喋ってもらうと『コンニチハ』、『ゲンキ?』、『アリガトウ』・・・以上!!
で、顔は『な、言っただろ。』みたいな感じで誇らしげ・・・。

俺だって『Hello』、『How are you?』、『thank you』ぐらいは言えるよ。

でも、俺の答えは『No』

これって何でしょうねぇ。。。

これが日本人気質なんでしょうか!?


ちっちゃなことなんだけど、なんだかこの差が物凄く大きく感じてたまりません。

俺も、『Yes』っていえる人間になりたいなぁ。。。っておもう今日この頃です。。。

なんだか物凄く中途半端だけど今回はこの辺で・・・

最後に、あなごもヘビロのカナダ産RAPを1曲 ↓





ZUKKA
[PR]
by buckemdown | 2009-03-27 01:20 | OTHERS
<< 新事実発覚!! 2009.04.04 (SAT... >>